トップウオーター自作

しばらくご無沙汰だったBASS釣り再開したので
ペンシルベート自作してみました。

IMG_3062_1.jpg

まずはバルサ材6mmを画像のようにcut
小魚の形をイメージし鉛筆で描く

IMG_3063_1.jpg

両面テープで仮止めし鉛筆で縁取った所をカッターナイフでcut
バルサ材は加工しやすいので、簡単にcut出来ますが
くれぐれも指をcutしないように注意!

IMG_3064_1.jpg

cutし終わった状態。
何となく小魚に見えてきました。

IMG_3065_1.jpg

仮止めした両面テープを外し
内側~ラインとフックの処理
ステンレスの針金を使います。

IMG_3066_1.jpg

金具の位置が決まったらウェイトの位置を決め
ウェイトが収まるように加工
水面に立った状態でアクションするプラグなので
ウェイトは後方に今回は1.5号使用

IMG_3067_1.jpg

ステンレス針金と重りを使って内側の装備完了

IMG_3068_1.jpg

万力でバルサ材を圧縮し瞬間接着剤を流し込み
張り合わせた状態。

IMG_3069_1.jpg

カッターナイフを使い整形していきます。
削り過ぎないよう要注意!!

IMG_3070_1.jpg

荒削りが出来たらサウンドペーパでまたまた整形していきます。
大体100番台から削り始め最終1200番で完成さす感じです。
整形が完了したらラッカーにデッピングを繰り返し
目止めに防水加工します。

IMG_3071_1.jpg

コーティングが完了しましたら化粧に取り掛かります。
まず何所の家庭にも有るアルミホイルをプラグの形にcut
cutしたアルミホイルを平面やすりの上に乗せ軽くなぞると
やすりの目がアルミホイルに複写され鱗の感じを出します。
加工したアルミホイルをボディに貼り付けます。

IMG_3072_1.jpg

上手い人とそうじゃない人の差が一番分かる工程です。
私は何回やっても上手く貼れません・・・苦手
でも心配無用、この後の塗装でリカバリー出来るので
塗装前に入念にコーティング~~
私はラッカーを使いましたが、
セルロースセメントが王道らしいです。

IMG_3268_1.jpg

腹はシルバー、背はブラック。横っ腹はメタルブルーなオイカワ仕様

IMG_3270_1.jpg

フックを装備し完成!
BASSを釣り上げる楽しみと、ルアーを自作する楽しみ
どちらも楽しいので甲乙つけがたいです。
久々の割には上手く作れたなと思います。(自分比)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://cut361212.blog83.fc2.com/tb.php/1032-9d7d1805

プロフィール

ビス

Author:ビス
日々の自転車トレーニングを綴ります。

DigitalClock

ブルーウェーブ

プロ野球データFreak
パリーグ順位表

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

アマゾンでお買い物

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

月別アーカイブ